赤ちゃんにとってのウォーターサーバー ピュアウォーター(純水、RO水)がいい

実際にウォーターサーバーの水にはいろいろな種類があって、天然水を含むミネラルウォーターとピュアウォーターに分類することができます。ミネラルウォーターとピュアウォーターの違いは、水中のミネラルの含有の違いです。ミネラルウォーターとは、天然水などミネラルが含まれた水のことを言います。そのようなウォーターサーバーの水が悪いということではなく、スポーツをしている人たちや、ダイエットをしている人たちに向いている水と言われています。

一方では、ウォーターサーバーには純水、RO水と言ったピュアウォーターがあり、浄化装置でろ過して磨いた水もあります。そのウォーターサーバーには、ミネラルを含めて、不純物が一切含まれていないという特徴があります。そこには、水の中に有機物・微生物がいないから、水が腐らないというメリットもあります。実際に、ウォーターサーバーはミネラルウォーターもいいですが、赤ちゃんがいるという場合は、RO水といったピュアウォーターが適しているといえるでしょう。

ミネラルウォーターは、赤ちゃんのミルクの調乳に適さない水なのです。赤ちゃんは、実際にまだまだ内蔵がしっかり発達している訳ではありません。ですから、赤ちゃんにとって、ミネラル摂取が負担になってしまうことになります。粉ミルクには赤ちゃんに適切な量のミネラルがバランスよく含まれており、それ以上、ミネラルを摂取する必要はありません。