赤ちゃんにとって理想のウォーターサーバーとは

赤ちゃんのためウォーターサーバーを導入

赤ちゃんのためウォーターサーバーを導入 ウォーターサーバーがあれば、赤ちゃんのいる家庭において、とても便利と言います。他にも、水に拘りをもってウォーターサーバーを導入しようと思っている人たちが多くいますが、赤ちゃんにとって、本当にウォーターサーバーが使えるアイテムなのか、検証してみましょう。

水は水道の蛇口をひねれば、出てきます。一番便利な生活というのは、水道の水を利用することかもしれません。しかし、お母さんが何人も集まれば、水道水には、殺菌、消毒が当たり前で、赤ちゃんのいる生活だからこそウォーターサーバーを導入を考えているという声が高まっています。

日本は、水道水がとても安全という話があり、水道の水で安心している人たちが多くいます。しかし、実際にそれ程、水道の水が安心できるのかも、住んでいる地域のにより変わってきます。本当に安心して飲めるものなら構いませんが、少しでも不安がある場合は、赤ちゃんのために積極的にウォーターサーバーを導入するということは健康面にも配慮した意識でしょう。

実際に、赤ちゃんには水道水よりウォーターサーバーのお水のほうがいいと言いますが、赤ちゃんにとってウォーターサーバーのお水はどういいのでしょうか。新生児の場合、赤ちゃんのミルクや離乳食を作る場合に水を使用します。そのとき、赤ちゃんは水を直接的に受け止めることになります。胎児の場合は体重の約90%、新生児は約75%が水でできているということはご存じでしょうか。赤ちゃんは、水でできていると言ってもいいからこそ、常にキレイな水を使いたいのです。

水道の水は、世界を比較しても日本の場合、キレイといわれていますが、飲み物や料理に使う場合、本当にキレイと言いきることができるのでしょうか。水道の水にはカルキなど消毒に使う薬品も入っていますし、発がん性物質が含まれていることも囁かれているのです。

水道管を通って、キレイな水が出てくるとしても、果たしてそんな水を安心して赤ちゃんにあげることができるでしょうか。実際に、水道の水は、誰もがウォーターサーバーよりも多く使用しているものです。だからこそ、安全神話を作り、そこに浸り満足しきっているのかもしれません。大人なら、既に体が出来上がっているので影響はほぼないといえますが、相手が赤ちゃんとなれば、早い時期にウォーターサーバーを導入することが身体に必要な水分やミネラルを吸収しやすく、安心に繋がるのではないでしょうか。

お知らせ